FC2ブログ

RC ヘルキャットのフライト
2020-04-16 Thu 15:47


ここ、府中の飛行場は、まんのうの飛行場から移転してきたときは、近隣の関係で、エンジン機は禁止となっていたが、解禁となった。
で、讃岐ウイングスの名パイロット2名、田辺、菊見両機長に来ていただき、SAITO-91搭載のフライトテストを行った。
機体自体は、以前からフライとしていたもので、機体には安心感があったが、いかんせん府中の飛行場は、85mの滑走路 まんのうの滑走路から言えば3~4分の一ぐらい。
おまけに、滑走路が傾いているので、イメージとしては、浸水し傾いている航空母艦に着艦するようなもの・・・・(笑)
所有する大型機を、老パイロットに、着陸ができるか自信がなかったが、両パイロットのどちらかが、この機体を着陸させれば、老パイロットも、その技術に向かい切磋琢磨するということで、今日の運びとなった・・・。
さすがだぁ・・・・、田辺機長の操縦で見事、着陸。
よって、老パイロット・・・・讃岐ウイングスに復帰いたします。
別窓 | 雑記 |
9年ぶりにエンジン始動
2020-03-31 Tue 15:54
この二週間の間、起動するために新しいパーツをそろえていたが、今日スターターを廻してみた
驚いたことに、スターターのスイッチを入れた時点で、エンジン始動
9年間の空白を感じさせない
流石、世界の斎藤のエンジンだ 感服❢
スローも調子よし・・・ハイは、少々甘いが、しばらくはこれで馴らし運転だ・・・・。
さあ、次回は飛行場での飛行だ・・・・・どうなるか?????
楽しみだが、不安いっぱいだ・・・❢
★ GOPROを頭につけて、起動しながらの撮影だったので、カメラのアングルがちと、マズかったようだ・・・(笑)
別窓 | 雑記 |
問題 発生
2020-03-27 Fri 23:54

werDSC_0005.jpg
gggDSC_0008.jpg
★このパイロット、離陸に刃まだまだ時間がかかりそう(笑)
                    
ggg.jpg

★このエンジン廻りの配管、パブリスタンク採用は、初めて・・
何か気になり、友人に問うと、あれは、ややこしいので水上機に搭載したことしかないという返事あり。
おまけに、PAP.Tは二十年以上も前だと・・・・・新しいものかと思いきや、ずいぶんと古くがっかり。
まっ、普及していなかったそれなりの理由もあるのだろう・・・
確かに、取説も燃料チャージのところからややこしい。燃料回収時も大変の様だ・・・。
インナーバルーンを撤去して、普通の使い方をしたらいいとのアドバイスを受けた。
それはそれでいいのだが、このタンク、機体に接着剤でがっちりと固定している()
相手は3ミリ程度のシナベニヤだ・・・❢
上手くとれるか?? 大問題だ    
ダメならば、シナベニヤ切断し、タンクを摘出、その後シナベニヤの補強と、どちらにとっても大仕事になった。
もう一つの問題点は、数年前と違って、近くにこの手のショップがなくなり通販に頼らなくてはならなくなったこと・・・大変不便に❢
小さなパーツを購入するのに、運送代の方が高いということに・・・   
そして、夜間の代行のテクノの出入りも気にしていたが、田舎暮らし、昼間の運送会社のトラックが出入りする多さが、気になりだした、。
田舎暮らしに、土着してきた証なのだろうか・・(笑)・・・・いろいろと問題発生です(笑)
     
         ehuiagDSC_0001.jpg







問題 発生の続きを読む
別窓 | 雑記 |
メンテ終了
2020-03-20 Fri 10:31
F6F HELLCAT 60 ARF
久しぶりに、取説を見た
平成21年03月28日 購入の記載がある
翼長1651 長さ1346 重さ4Kg
エンジン内燃機関の掃除、バッテリー新調 燃料タンクも新調 各パイプ新調、エンジン始動までのもろもろすべて新調
思っていた以上に、福沢諭吉侯にお世話になった(笑)
来週、エンジン調整をする予定だ・・・
さぁ、この10年余りの時間を埋められる結果になるかどうか、妙に胸ときめく・・・

        iiioDSC_0026.jpg

別窓 | 雑記 |
復 帰
2020-03-17 Tue 17:01
kkG0020259.jpg kkGOPR0254.jpg

讃岐ウイングスの友人が、遊びに来られた・・・・。
今の府中の飛行場は、諸般の事情で、エンジン機はフライトできないことで、契約していた
で、移転数年後で、退会していたが、今は地主さんの理解を得られエンジン機OKになったという
高松の郷東川河川敷の2/3程の滑走路しかなく、老パイロットに飛ばせるか、話に疑問符を持ちながら、聞いていた・・・。
結論・・・・・名パイロットの某吾人のどちらかに、老パイロットの持って居る機体を府中の飛行場で飛ばしてもらい、無事に着陸できれば、再入会しても良いのではとの話に落ちついた❢
数ある機体で、8機は大型なので、実際老パイロットが着陸できるかどうかは・・・・・????????
もう、フライトは諦め、終活の一端で、機体処分を考えていただけに、どちらかといえば特攻気分のフライトを考えれば、気が楽になる
後は、会員に迷惑をかけないようにするだけ・・・・・だ。
で、そう気持ちを切り替え、工作室の掃除と後かたずけ・・・又、足らない、始動用のパーツをチェックしした
思って居た以上にフライトまで、経費が掛かったのには驚き❢
後は、財務長官に了解を得るだけだ・・・・(笑)(笑)

kkDSC_0012.jpg

後になったが、一機、助手席に乗せてみた・・・・むーーーーーん ❢
主翼はこの長さより長い どうにか入るだろうが、飛行所に持参出来るのは、一機のみのよう。
小さな、電動機はもう一機ぐらい載せられるだろうが・・・・これでは面白くない ・・・ 予備機なしでの、フライトになりそうだ


別窓 | 雑記 | トラックバック:0 |
BACK | MACHIHOUSE 空のブログ | NEXT