またまた脚がぁ・・
2007-09-29 Sat 14:29
昨夜からの雨と、今日の天気予報のせいか、飛行場には誰もいない。
飛行場名主????の蓮井、藤本、黒田、林、菊見、田辺氏らの会員も・・・笑い。今日は何曜日だったっけと、再確認したほど・・・。
やはり、天気予報の力は、強い。
したがって、前半は、私の独断場に・・。
ハンガー9のコルセア。
相性が悪いのか、着陸時ほとんどがこの通り。もう、十回はこうなっているでしょうね。
離陸して脚の収納が、横でなく回転しながら後方に収納する仕組みになっているので・・・と、言いたいのだが、まぁ、やっぱり腕なんでしょうね。
カナダのボンバル機では有るまいに、機体の設計のせいだけには出来ないようです
DSCN3959.jpg

このゼロ戦。
じゃじゃ馬で、実は今日は特攻のつもりでフライトしたのです。
帰らなくっても良いと。
と、言うのも今製作中のユンカース。サーボが無いので、このじゃじゃ馬のゼロ戦のサーボを、墜落時には取ってしまおうと思っていたのです。
ところが、今日は何と何と、素直に飛ぶのです。
4回のフライト中、三回まで完璧な着陸。
パイロットの気持ちが分かったのだろうか。
それとも、久しぶりにこのゼロ戦を飛ばしたので、それまでに、私の腕が上がったのだろうかと、にんまりした、一日でした・・・笑い
DSCN3961.jpg
四国学院の先生をしているMr から、二ヶ月の休暇のアメリカ土産に、向うのRCの雑誌を頂きました。
同じスケール機フアンなもので。ありがとうございました。
アメリカのRC事情が良く分かります・・しかし、あちらの機体などが安いこと安いこと・・・。
ヨットも同じ、日本は、趣味での物のコストが高すぎますね。
それと、アメリカ人の遊び心、生半可じゃないのが、良く分かりました。・・・我々、日本人も、遊びでも、仕事に劣らず頑張らなくちゃあ・・・ですね・・・笑い。

DSCN3963.jpg

この前になってしまった、愛機ブルーマックス。
古典機の好きな、池田会員に、もらわれて行きました。
彼ならば、〔サボイヤア・ダボハゼ〕の自作のキャリアから見ても、きっと立派に、再生して、飛ばしてくれると思います。再飛行が楽しみです。出来るだけ早くお願いしますね・・・
スポンサーサイト
別窓 | 飛行と友遊機 |
| MACHIHOUSE 空のブログ | NEXT