FC2ブログ

フォークP-36の初飛行
2007-11-25 Sun 21:56
この機体・フォークP-36が、出来ていたのは7月の中頃。
翼長 1600㎜
全長 1300㎜
エンジン サイトー91
重量   4.0㌔
チャンネル 6
キットは、オカラバ張りの ベトナム製

その後、初飛行を終えたのは、トロージャン、烈風だ。
二機とも元気に飛び楽しませてくれている。
が、この機体の初飛行が遅くなったのは、この機体には、フラップが付いていて、受信機への接続と調整が、上手く出来ず、床の間に?置いて鑑賞だけしていたのだ。
が、三日と続く暖かい日和に釣られ思い切って、飛行場にもって行き、調整を、同じフタバの1024の送信機を使用している山田会員に、お願いすることにした〔彼は、飛行場には、日曜出勤のみなので・・・〕。
調整だけお願いするつもりで、行ったのだが、外野会員多数の中・・笑い・・調整は難なく完了・・・。
が、調整をしていただいた会員の皆さんにお礼を言うまもなくその後が怖かった・・・笑い・・・多少の覚悟はあったのだが・・・。
「冨井さん、此処までやったのだから、フライトやらなければぁ・・」の、声。
大・・大合唱・・。
で、これも、調整をしていただいた、お礼の一つかぁと、飛ばす気になり、エンジン、スタート・・・・。
20071125205529.jpg
離陸前の記念、祈念撮影・・無事に帰還しますように
20071125205544.jpg
難なくフライト中・・。この後、無事フラップを効かせ、帰還しました
20071125205611.jpg
フォークP-36は、第二次大戦の初期の機体。
フライトを終えた機体の上に、羽を休める赤とんぼ・・・・。
ちょっと、秋を感じさせた、一瞬でした。
この三連休、ずんやり飛行場通いをして、楽しみました。
指導いただいた会員の皆さん、ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・
その後、16:30から、ヨットクラブの役員会へ。
で、会の後、機体を積んだままの車に、二人の会員が興味を示すことに。
またまた、会員が〔海〕から、〔空〕に移籍するかも・・・笑い。
〔類は友を呼ぶ〕とは、よく言ったものだ。
又、空の友人たちが増えるかも????・・・楽しみにしておこう。
スポンサーサイト
別窓 | 飛行と友遊機 |
| MACHIHOUSE 空のブログ |